アジアNO1!!

落ちるほどの涙は出なかったけど、目が霞んだよ・・・。

浦和レッズは強くなったって思う。

昨日の試合で、勝利してアジアNO1の称号を手にしたわけだけど、
試合の勝ち負けとか抜かしても、選手、フロントやサポーター含めての
アジア最高のクラブだと思う。

もうすぐやってくる12月のCWCに限らず、
これからアジアのサッカーが世界に認められるようになるために、
ウラワの使命は限りなくあるはずだ。


 昨日は、朝からビジュアル準備のお手伝いをさせてもらった。

平日で仕事から無理やり駆けつける人が多いであろう中、
浦和レッズ休暇とかいって仕事をしていない自分が、「それくらいはしなきゃ」と
思って参加した。
 
 朝からサイスタは「みんな仕事は?」って心配になるほどたくさんの人がいて、
ビジュアル準備の手伝いも500名を超えていた。

 いつも選手入場の時のビジュアルを誇らしく思っていたけど、実は自分がやっていたのは
シートを持って手を挙げてるか、旗を振っているだけ・・・。
 今回、はじめて準備を手伝って、準備の大変さを知ることができ、
今まで当り前のように準備してきた人たちによって、浦和のコレオグラフィが進化してきた
ことに感謝をしたい。

 完璧なまでの自己満足だけど、今回のコレオはいつもよりちょっと誇らしく、
家で録画でみた一番星に涙がでたよ。

 これからも出来る限り参加したいと思った。

試合は、最近の浦和のサッカーがうまく周って、良い展開ができていたと思う。

いろいろなことが紙一重だったんだろうけど、DFが見せた最後の局面での粘り、
ルーズボールをそこそこ拾えたこと、そこからの展開で幾度かの好機を作ったこと、
その中で2点をとったことが勝利という形になった。

 バックスタンドで見てたけど、後半の阿部ちゃんは限界を超えていたと思う。
ベンチをみて、オジェックを見て、交代させるべきだと訴えてみた。
そんな思いも通じず、オジェックはいつもの交代パターンで試合を終わらせた。

 帰りに連れと話したけど、二人の意見は一緒だった。
「あそこまで頑固に自分の信念を守るのも立派だ、やっぱドイツ人だよ」

 オジェックへの批判はよく目にするけど、結果出せば良いのかよって声も聞くけど、
ここ数年、レッズが強くなったのは結果を出し続けているからだ。
 ガンバが強くなりきれないのは、結果を出しきれていないからだと思う。
今年のJリーグはまだ決まっていないから、なんとも言えないけど。
 すでに西野さん続投が決まっているガンバの方が問題のような気もする。
まぁ他人のことを、とやかく言うつもりはないけどね・・・。

 もちろん来年はオジェックのサッカーの進化(っていうか色かな)に期待しています。


ところで 

 自分的には今年の最終目標はACLで(もちろんJリーグも大切だけど)
CWCに正直そんなこだわりはなかった。
 今月末から新しい仕事を始める身としては、12月にどういった形で生活しているかなんて
わかりゃしない。それどころか遠い所にいる可能性すらある。
 でもACミランと真剣勝負で戦えるっていうと、しかもチケットがまだ残ってるていうと
なんか義務かなとか思っちゃって・・・・。
 準決勝と決勝勝っちゃいました・・・。行けるかもわからないのに・・・。

それにしてもチケット高すぎ・・・。
カテ2を2試合、2枚づつ買って約7万って・・・。
思わずリボ払いだよ。

しかも横酷のカテ2って気分的にはカテゴリー10で1000円ぐらいの席だよ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック